日々の記録

物欲にまみれた日々です。お人形遊びをしています。

Debut一十木音也先輩エンド

何年積んでたんだろうか、うたプリDebutにようやく手をつけました。リピートの一十木音也恋愛ルートで精神をすり減らしてからというものゲームする気力が湧かずにいたのです。しかし情熱的な布教を施されたので、せめて一十木さんだけでもやってみるかと重い腰をあげました。

てきとうに進めた結果の先輩エンドには、リピートのあれはなんだったんだと思うくらいに人間社会にきちんと順応しはじめた一十木さんがいました。ファンとして少し安心できたからもっと早く手をつければよかったと思えた。

それでもまだまだ甘いところがたくさんある一十木音也に対して、寿嶺二が先輩として超えられない壁として立ちはだかり、説教をし、励まし、導き、熱心に後輩指導をし、最後には夕日に向かって走りながら兄弟の契りを交わしていました。

かなり高頻度にレッドカードを出したくなったリピートの頃はなんだったんだろう、男子三日会わざれば刮目せよってやつなのか、リピートのときは嵐を呼ぶ恋愛体質としか思えなかったのに、春歌ちゃんと付き合えたからなのかだいぶ丸くなっていたような印象でした。

そんな平和だった先輩エンドは、春歌ちゃんとの仲がいまいち進展しないルートだったようです。

リピートを思い出すと、一十木さんは恋愛値が高まるごとにポンコツになっていたようなぼんやりした記憶があります。相手を巻き込みながら恋愛で人生を狂わせていきそうなタイプとお見受けしたので、ほんとうに恐ろしいのはこれからなのかもしれません。まだどんな精神攻撃を受けるかわからないぞ油断禁物と言い聞かせつつほかのルートも確認したいと思います。