日々の記録

物欲にまみれた日々です。お人形遊びをしています。

何も考えずコーヒー飲んだせいか、眠れない。何も書くことないけど日記だからまあいいやと思って開いたけどほんとうに書くことがない。

ショーバイロックがじわじわ私の中で存在感を増してきており、アプリ版とアニメ版ではいろいろと違うというのは放送時からなんとなく知っていたのですが、具体的にどう違うかを少しずつ確認することで、深みにはまりそうになっているのが最近の大問題です。

世界観やキャラクターの設定が少しずつ違うのはわかってたけど、ボーカルの変更があったのを知らなかったので、曲をダウンロードしてきちんと聞いたのがいけなかった。今やシュウ☆ゾーくんの底知れなさにひれ伏しています。

まず、アニメ版のきらきらしつつややねっとりカリスマなシュウ☆ゾーくんとアプリ版のきらきらさわやかカリスマなシュウ☆ゾーくん。

そしてアプリ版のバランスの良い3曲で、さらに多面性を表現してくるシュウ☆ゾーくん。俺様しつつ太陽神しつつ人間アピールしてくる。

その上、現在のとってもサンキュ☆な白タイツ王子なシュウ☆ゾーくんと、過去のV系バンド時代に漆黒の堕天使とか言われてそうなシュウ。

1人で破綻なく、こんな風によりどりみどりのバラエティパックみたいになっているって怖くないですか、どれもこれも妄想はかどって怖いよ。

ベースの動物というか種族?がなんだかよくわかないというか明言しないのも、ミステリアスでよいです。アポロンの化身だから仕方ないんだろうなって勝手に思ってます。持ってる辞書にアポロンは矢を放って家畜を殺す云々と書いてあるのを勝手に当てはめると、シンガンクリムゾンズのファン=家畜、家畜をもファン層に取り込んでいくトライクロニカってことじゃないですか。主人公バンドの一つであるシンガンクリムゾンズと頂点を争いあうのは宿命なんだな。

そこに軽やかに音楽を楽しむプラズマジカちゃんたちが颯爽と現れるという感じだろうか。独裁体質のトライクロニカと、対照的なプラズマジカの対比もやばい。

しかもこの3つだけじゃなくたくさん気になるバンドがいて、曲とエピソードを見聞きするたび好きになってしまうからこわい。ドーリィドルチにテケバキツ荘にバイガンバーVに、みんな好きになっちゃう、大変だ。

今まで熱心に取り組んだことなかったから知らなかったけど、音ゲーはこわい。