日々の記録

物欲にまみれた日々です。お人形遊びをしています。

7.9

刀剣乱舞の二次創作を読んで、たくさんの審神者像を見てはバリエーションの豊富さに感心する日々。審神者のことをあまり真剣に考えたことがなかったので自分なりに想像してみると、現時点ではだれが近侍をしているかによってイメージが異なるので審神者=プレーヤーとしての自分そのものではないな、というところまでしか想像できなかった。貧しい想像力しか持たないので、詳細な審神者設定とか見てると共感できる出来ないは置いておいて素直にすごいなと思う。割合はっきりイメージできるのは、対加州清光のときは成人モブ男で、対岩融のときは大きすぎない人型の何かで、対師子王のときは老人だといいなくらい。あとは不定形だ。さっきピンと来たのは、サウロンっぽい残留思念みたいなのとか、チャーリーズエンジェルのスピーカーとかも当たり障りなくて良いと思ったけどそしたら、刀剣に「触れるな」とか言われないし、刀剣たちは本丸で何とたわむれているの?となってしまうから厳しいな。そもそも審神者を派遣してる時の政府ってなに??2205年??と答えのない設定考察への旅がはじまってしまいそう。 

とりあえず必要な資質から想像していくと、限りなく軍人に近い何か→試してガッテンで乾パンを握りつぶしていた自衛隊の映像→日焼けしたおじさん、になってしまう。