日々の記録

物欲にまみれた日々です。お人形遊びをしています。

6.27

博物館で三日月宗近を見てきた。そこだけ列が出来ていてぞろぞろと並んで見てきた。「三日月の写真はお一人様1枚だけにしてください!」と係りの人に言われたので1枚だけ撮った写真が、ぶれぶれで悲しい。刀剣の部屋だけ係りの人が複数人ずっと声を出して注意喚起していて大変そうだった。とうらぶ缶バッチをつけた女の子や、鶴丸人気を語っている女の子がいて、親近感を覚えました。みんな係りの人に誘導され子羊のように従順に、かつ静かに興奮しつつ眺めていた。
以前来たときは全然興味なくて刀剣のとこだけスルーするような歩き方をしたのを思い出し、自分のミーハーさを改めて実感。それにしても、若い女性がたくさん来ていて、ブームってすごいなと他人事のように感心しました。前に来たときはこんなに女の子いなかった気がします。

高村光雲の老猿も展示されていて、これは教科書に載っていた猿だ!と、有名だからという理由で、やはりミーハーに感動してきました。大きくて迫力あってかっこよかった。
大きい壺やら豪華な大工セットやら仏像コーナーもかっこよかった。
地元の博物館には行かないくせに観光だとつい見に行っちゃうあたりで既にミーハーなのだな。