日々の記録

物欲にまみれた日々です。お人形遊びをしています。

4.7

刀剣乱舞を死んだ心でやっていたら、鶴丸を拾ってとても嬉しい。儚げ美少年かと思ってたのに喋ったらそれなりに人生経験をつんだ青年って感じだったので驚きました。ヴィジュアルを裏切る声だった。それもまた鶴を意識しているのかな。鶴もなかなかに驚きな鳴き声だった気がするし。あと白にこだわりがあるのはわかったけどなんで花嫁衣装みたいなデザインなのか、謎です。墓に入ってたと言ってたしそういう意味での白装束と掛けてるのかなと思いつつ、和服のことをよく知らない私には白無垢のように見えてしまいます。実際こういう服があるのかな、調べよう。

あと本丸にいないのは虎徹兄弟と岩融と小狐丸なのかな。全然でません。UMAなんじゃないのかと疑いたくなるくらい出ない。はやく今剣を隊長に、岩融を副隊長に並べたい。
検非違使に出くわすと、加州清光がいつもの面子のなかでは一番もろいことを思い知らされます。他の人たちそんな被害受けてないのに加州清光だけ一瞬で中傷になってしまう。やっぱり打刀は太刀や大太刀とは全く扱いが違うんだなあ。でも加州清光を連れまわせないなら、なんのために刀剣乱舞をやっているのかわからないので、地道に心を殺してレベル上げしよう。