日々の記録

物欲にまみれた日々です。お人形遊びをしています。

花ゆめ系ラブロマンスもいける王子

アルスラーン戦記の王子様(14歳)が中性的というのを通り越して美少女だった。王子は男として育てられた男装の麗人で、あの捕虜の少年とまた再開するボーイミーツガール??
少女漫画的には幼い頃から見守っている従者の騎士との三角関係展開不可避。
脱げとは言わないけど、手とか足のサイズが体格の割に大きくて、やっぱり男の子なんですね!ドキドキ!みたいなシーンがないと、落ち着かないです。殿下の風になびく髪とかエンディングの絵とか、儚げで可憐で、完全にヒロインだったし。控えめに言ってもいまにも花開かんとする蕾って感じでした。
でも声優さんの名前がどう頑張って見ても男の人の名前だったな。うーん、美少女…
そして動物に好かれる設定ってお姫様にありがちですよね。やっぱり美少女である可能性が拭いきれない。主人公であり王子様であり美少女であり美少年なヒロインかあー。

エンディングでダリューンさんが王子から片時も目を離そうとしないのは人質事件のトラウマなんでしょうか。過保護な騎士と美少女な王子様かあ…すごいなあ、ありがたやありがたや。なんかもうこれだけで国民からの厚い支持を得られることまちがいないですよ。

ウィキペディア見ても、王子が美貌の持ち主とは説明されていない。おかしい。でもお母さんがすごい美人っぽいから王子も美人だ、きっと。